日本人特有のメンタリティを問う!? 「迷惑をかけない」って、どういうこと?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
angry man point finger india angry male hand anger accusing blaming furious shouting mad blame boss manager stress aggressive upset yelling bad guy conflict mean expression accuse frustration argue argument divorce quarrel arguing problem unhappy difficulties crisis disagreement fight trouble displeased disappointment disagree annoyed problems scream issues yell emotion angry man angry man angry angry angry angry angry anger anger shouting mad mad blame boss yelling yelling yelling yelling argue argument argument yell yell

Ashish_Choudhary (CC0), Pixabay

皆さま、ご無沙汰しておりました。

気づけば なんと、2カ月以上も更新しておりませんでした!

「原稿の〆切が立て込んでると、ブログが後回しになっちゃう病」を、そろそろいい加減、克服したほうがいいですね。

原稿制作のご依頼をあちこちからいただくのは、有り難いことですので、そちらを優先したいところです。

だがしかし!

「〆切が、ナンボのもんじゃーい!」

「納期? なにソレ?」

「そ納期、何の木、気になる木~♪」

……といわんばかりの、傍若無人なメンタルを持ってたら、人生ラクですよね~。

ま、そこまで強靱なメンタルは、各方面の皆さんに迷惑をかけちゃうメンタルでもあります。

スポンサーリンク
[PR]

そんで、「迷惑」って、何?

現在、わたくしは「大人の絵本」を制作しております。

すでにご存知の方は、ありがたい限りです。

10年以上前に、実際に国内で起きた、とある不幸な事件を題材にした絵本なのですが、この事件は、他の家族や親戚、友人などに「ピンチだから、ちょっと助けて!」と言えなかったがために起きた事件ではないかと。

そういう仮説を立てております。

私自身、もし仮に、絵本の主人公の彼と 同じようなギリギリの状況まで追い込まれたとき、「どうしてもお金が足りない! カードローンも限度額いっぱいになってしまった。助けて!」と、率直に身の上を打ち明け、正直に物事を頼めるかどうか、自信がないです。

もし、借りた金を返せなくなったら、迷惑がかかってしまう。

その後の付き合いまで考えてしまうと、下手なプライドがジャマして、身近な誰かを頼れず、悩みを抱え込んじゃう可能性は、無きにしもあらずやな……。

……と考えると、他人事とは思えないわけです。

裁判所の刑事法廷に入って、被告人として裁かれている人を見ると、「どーしよーもない人」は、かなりの割合にのぼるのですが、一方で「同情せざるをえない人物」もいます。

もし、その人とまったく同じ状況に追い込まれたとして、それでも法を犯さない、人の道を踏み外さないと断言できるかどうか。

そんなとき、「誰か、身近な人に助けを求めて、負担をかけてしまう(嫌われてしまう)迷惑」「犯罪を犯して、税金を投入して司法に裁かれる迷惑」とを比べたら、どっちが深刻な迷惑なんでしょうか?

そりゃ、後者のほうが、より重大ですよ。

犯罪は、「迷惑」なんて言葉で片付けられる、生易しいもんじゃない。

家族も親戚も、友人知人も、もちろん被害者も、とんだトバッチリである。

だけど、犯罪行為は見方を変えれば、公共のルールを破った分、人間関係の濃密度でいって、「抽象的で、うっすらした迷惑」のような気もします。

刑罰を受ければ、いちおう償ったことになりますし。

しかし、将来を楽観視して、「なんとかなるさ」と頑張ったあげく、人生で追い詰められて、面と向かってダイレクトに助けを求めたとき、どうでしょう。

本人は「自業自得」「自己責任」で追い詰められた要素も少々ありそうです。

それでも、1親等、2親等の肉親なら助けるかもしれません。

だけど、叔父やいとこなら? 親戚なら?

親族とはいえ、普段はあまり接触のない人に対して、助けを求めるのは、虫のいい話で「迷惑行為」と感じさせ、遠慮する人もいるかもしれません。

ひょっとして、「迷惑」の定義が、数段階あるんじゃないか?

すでにお気づきの方も いらっしゃるでしょう。

わたくしの、「迷惑」に対する考えが、全然まとまっていないことを。

ご賢察です。

まとまってない話を、報酬を頂戴する原稿に書いたら怒られちゃいますが、でも、ブログだったら、論拠がボンヤリしたことだって、多少は書き殴っていいんじゃないかと。(←甘え?)

インドでは「人間は、お互いに迷惑を掛け合って生きているのだ」「だから、人付き合いを大切にしなさい」と教えるそうです。

日本人のメンタルだと、なかなか そこまで開き直れないかもしれません。

わたくしは先日、あることに気づいたのです。

「引っ越しのサカイ」の作業中のトラック、そのダッシュボードに、「ご迷惑をかけて申し訳ありません」という看板が乗っかっていることを。

この「ご迷惑」とは、いったい何なのでしょう?

でかいトラックを路上に駐めていて、歩行者さまの邪魔になるから「ご迷惑」なのかもしれません。

まぁ、大した迷惑じゃないですよね。それで申し訳ありませんと言われても、「過剰な謝罪」です。

歩行に支障がある方にとっては、トラックを避けて歩くのが多少の負担になりそうですね。

しかし、そういう方は、足元に注意を取られるあまり、頭より高い位置にある「申し訳ありません」の看板が見えていないかもしれません。

引っ越しのサカイは「嫌がられたり、揉めたりするぐらいなら、とりあえず、先手を取って謝っとけばいいや……」「謝らなくていいことを謝っていれば、なんとなく好感度が上がるかも」という思惑があるかもしれず、これも日本人っぽいウェッティな考え方で、すごく理解できちゃいます。

【迷惑】の辞書的な意味は、次の通りです。

■ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること

■他人のことで、煩わしくいやな目にあうこと

■どうしてよいのか、とまどうこと

ただ、ひとことに「迷惑」といっても、その言葉が使用されている立場や場面によって、フェザー級のふんわり迷惑から、スーパーヘビー級の迷惑千万まで、レベルの差が数段階あるような気がするのです。

かといって、全部で何段階の迷惑に分類できるかは、全然わかりません!

今後、改めて気づいたことがあれば、また「迷惑」をテーマに書いてみようと思います。

ナガミネ文晶塾

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしませんか?

スポンサーリンク
[PR]