the みねラル!

~ Web宇宙に漂う微小元素 ~

杉村鎮右裁判官「おれを彼女だと思って話できないのかよ!」

time 2016/09/11

杉村鎮右裁判官「おれを彼女だと思って話できないのかよ!」

 2008年12月4日、和歌山家庭裁判所。

 夫婦で共謀し、当時中学生だった15歳の娘に対して「わたしも昔、親に売春させられた」と告げながら、繰り返し売春を強要。娘が客から受け取った現金は、夫の銀行口座に振り込まれ、それをパチンコ代や生活費などに使ったという、とんでもない事件です。

 罪名は児童福祉法違反と売春防止法違反。

 

◆ 児童福祉法 第34条  何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
  六  児童に淫行をさせる行為

◆ 児童福祉法 第60条
1 第34条第1項第六号の規定に違反した者は、10年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

◆ 売春防止法 第7条(困惑等による売春)
1 人を欺き、若しくは困惑させてこれに売春をさせ、又は親族関係による影響力を利用して人に売春をさせた者は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

◆ 売春防止法 第8条(対償の収受等)
1 前条第1項又は第2項の罪を犯した者が、その売春の対償の全部若しくは一部を収受し、又はこれを要求し、若しくは約束したときは、5年以下の懲役及び20万円以下の罰金に処する。

 

 担当は杉村鎮右(しずお)裁判官。

 この方も、自らが担当する裁判に対して、綺麗事やありきたりな説教でお茶を濁さず、ガチンコで取り組むので素晴らしいですね。

 私は2007年の冬、杉村さんが徳島地裁にいらっしゃった頃、その裁判を観る目的だけで徳島市内に1週間滞在したこともありました。

 

 決して、必要以上のことをペラペラしゃべる、リップサービスの精神が旺盛な裁判官というわけではありません。

 説諭などをするときは、「ここで誰かが言わなければならないから、あえて自分が言う」という印象です。

 
 「主人とともに、一からやり直したい」と述べた母親に対して、「娘の気持ちよりも、自分たちのことしか考えていないとしたら、見通しが甘すぎる」と一喝。

 たしかに、まずは娘のことを思う言葉が第一に出てくる「べき」場面でしょう。

 さらに、杉村判事は売春をさせられた娘を「彼女」と呼んだ上で、「愛人を作っていた夫に、愛を感じるのか? どうやってやり直すのか? それで『彼女』が新しい一歩を踏み出せると思いますか?」と諭した上で……

 「『彼女』にできることがあるでしょう。あんたたちが遊びに行っている間、売春させられ、弟の面倒も見ていたんだよ」

 「おれを『彼女』だと思って話しできないのかよ。すごいひどいことをしたんだろ!」
 

 この「彼女」という言葉は、被告人夫婦にとって、娘としてというより、独立したひとりの女性として、どのように謝罪し、被害回復させるのかと、ある意味で客観的に突き放した表現なのかもしれません。

 この事件を「親子」という関係性へ悪い意味で収斂させ、ごまかすことを許さないとの思いが、杉村判事にはあったのかもしれません。

 判決は、懲役2年、保護観察付きで4年間の執行猶予となりました。

 執行猶予を付けるとき、軽い判決だと思われないよう、あえて厳しい言葉で接する裁判官も少なくありません。杉村さんもそのひとりでしょう。

 マスコミや世間から批判されるリスクを負ってでも、「裁判官らしからぬ叱責」をする決断は、生半可な覚悟ではできないはずです。

 少なくとも、どんな判決でも漫然と裁判を終わらせる人よりは、被告人の将来に何らかの感銘や良い影響を及ぼす可能性はあると考えます。

 法廷で裁かれた経験を重要なターニングポイントとして活かせるかどうかは、最終的に本人次第でしょう。それでも、個々の裁判官の対応が、本人の決意に深いくさびを打ち込むこともありえます。


  

sponsored link

そのほか、杉村裁判官のお言葉集

 
◆「保険会社から『被害者に会わない方がいい』と言われたとしても、結果はあなたが負うことになる。これまでの選択が胸を張れるものか、よく考えてほしい」 2010年1月7日 和歌山地裁 (※2016.9.12追記)

 ⇒ クルマ運転中の前方不注意で、原付に乗っていた男子高校生に大けがを負わせた交通事故。執行猶予つきの懲役1年を言い渡して。交通事故の裁判では、被告人が「被害者や遺族のもとへ謝罪に出向いたかどうか」が、情状面で特に重視されます。

 

◆「話していると、しらふ状態のあなたはいい人だとわかる。そんなあなたでも、こんな事件を起こしてしまう。飲酒運転はいかんということ、わかりますね」 2006年10月13日 徳島地裁

 ↓ そんな発言の背景も収録中! 好評『裁判官の爆笑お言葉集』の第2弾です。

 

 


   

sponsored link

いらっしゃいませ

長嶺 超輝

長嶺 超輝

「ナガミネ マサキ」 と読みます。たまに、「カンダ マサキ」と間違われます。 [詳細]

▼くだらないのに、ためになる。「18歳選挙権」時代に 親子で学べる 学園民主主義バトル小説!

▼東日本大震災の被害に付け込んだ 卑劣な犯罪の記録。「地震大国」に住む以上、目を背けるわけにいかない現実

▼ポルポトがぶっつぶしたカンボジア出版業界の復興に貢献したい……。はたして何カ年計画!?

▼本を出したい方は 注目のNPO法人。私も所属してます。出版が実現するまで 手数料は頂きません。



sponsored link