the みねラル!

~ Web宇宙に漂う微小元素 ~

【相模原死体遺棄事件】 判決理由を笑った弁護士は法廷侮辱罪?

time 2016/09/06

【相模原死体遺棄事件】 判決理由を笑った弁護士は法廷侮辱罪?

 

 

 

 今日の午前11時すぎ、東京地裁416号法廷。

 弁護人席から笑いが起きたのは、判決理由の読み上げの中盤に差しかかったあたりでした。

 笑い声が聞こえてきたとき、私は自然と傍聴席を左右に見回しました。

 たぶん、妙に主張が強い 困った傍聴人が紛れ込んでいるんじゃねえかなぁと。

 まさか、主任弁護人とは!

 

 笑い声が漏れ聞こえてきたタイミングとしては、判決理由の中で「人の死体ではないと推定する特段の事情がない限り、少なくとも人の死体かもしれないとの認識を有していたものというべきである」 と、死体遺棄の未必の故意を認定したところですね。

 つまり、今回の判決の核心部分です。

 埋めたものは「犬2匹の死体」だと思っていたとして、本人と弁護人は無罪を主張してきたわけです。

 その無罪主張をあっさりと蹴られてしまい、せめて一矢報いるための 抵抗の「せせら笑い」だったのかもしれません。

 でも、マズいですよね。

 

 この弁護人の笑いに対して、「裁判官が怒るのも当然」「法廷侮辱罪?」などのツイートも頂きました。

 法廷侮辱罪とはいわずとも、司法に対する最低限の敬意を欠いているのは明らかです。

 法廷侮辱罪は、英米法といわれる体系を持っている国で発展しています。イギリスでは12世紀ごろから「裁判の公正を害するおそれ」を一般的に処罰するルールとして、現在も続いております。

 「裁判の公正を害するおそれ」……といわれると、かなり意味が広そうですね。

 証人を脅すなどのプレッシャーを与える行為が典型ですが、公正な裁判に影響を与えて歪める目的で、裁判中やその直前にマスコミが偏見に基づく情報を流す報道をすることも、法廷侮辱罪に該当します。

 判決の読み上げ中に笑うことは…… どうなんでしょう。

 日本は英米法の国じゃないとされているので(その割には、アメリカから輸入している法制度が結構多いですが)、法廷侮辱罪は存在しません。

 でも、その代わりに証人威迫罪(刑法105条の2)はありますし、裁判員に対して審判に影響を及ぼす目的で、脅したり、事実認定や量刑に意見を述べたりすることも禁じられています(裁判員法77条・78条)

 また、いくら注意しても笑うのをやめないなど、あんまり態度がひどければ、普通に退廷命令を食らうでしょう。

 さらに、審判妨害罪というものの適用もありえますし、「監置」という裁判所の独自制裁もあります。

 

◆ 裁判所法 第71条 (法廷の秩序維持)
1  法廷における秩序の維持は、裁判長又は開廷をした一人の裁判官がこれを行う。
2  裁判長又は開廷をした一人の裁判官は、法廷における裁判所の職務の執行を妨げ、又は不当な行状をする者に対し、退廷を命じ、その他法廷における秩序を維持するのに必要な事項を命じ、又は処置を執ることができる。

◆ 裁判所法 第73条 (審判妨害罪)
 第71条又は前条の規定による命令に違反して裁判所又は裁判官の職務の執行を妨げた者は、これを1年以下の懲役若しくは禁錮又は1000円以下の罰金に処する。

● 罰金等特別措置法 第2条
1 刑法 (明治四十年法律第四十五号)、暴力行為等処罰に関する法律(大正十五年法律第六十号)及び経済関係罰則の整備に関する法律(昭和十九年法律第四号)の罪以外の罪(条例の罪を除く。)につき定めた罰金については、その多額が2万円に満たないときはこれを2万円とし、その寡額が1万円に満たないときはこれを1万円とする。ただし、罰金の額が一定の金額に倍数を乗じて定められる場合は、この限りでない。

◆法廷等の秩序維持に関する法律 第2条(制裁)
1 裁判所又は裁判官(以下「裁判所」という。)が法廷又は法廷外で事件につき審判その他の手続をするに際し、その面前その他直接に知ることができる場所で、秩序を維持するため裁判所が命じた事項を行わず若しくは執つた措置に従わず、又は暴言、暴行、けん騒その他不穏当な言動で裁判所の職務の執行を妨害し若しくは裁判の威信を著しく害した者は、20日以下の監置若しくは3万円以下の過料に処し、又はこれを併科する。
2 監置は、監置場に留置する。

 

 秋山智咲被告の弁護人は、即日控訴をしました。

 「オスとメスの犬2匹の死体だと思っていたから、死体遺棄の故意はなかった」との主張に対して、はたして東京高裁は、どのように判断するのか?

 もともと、元婚約者の男は「トラの死体」だと説明していたようです。 吉本興業の社長が違法に飼っていたトラが死んだので、処分を任されたのだと。

 だから、コッソリと隠密に遺棄しなければならないというストーリー……。

 男はフジテレビに内定し、北川景子とも付き合ったことがあると豪語するOBF(大ボラ吹き)なのですが、父親は保険会社の重役であり、母親は在京ラジオ局のアナウンサーで、渋谷区内に豪邸があるというところだけは本当なので、彼女としては「ちょっと話が出来すぎているな」と違和感をおぼえても、信じ込んでしまう土壌はあったといえます。

 そもそも、トラのちゃんとした大きさなんか、誰も知らんし。 動物園の飼育員でもない限り。

 

 ちなみに、埋めたとされる「遺棄対象物」を再現した写真が手元にあります。

 ブルーシートにくるまれた「110センチ×75センチ×41センチの楕円形の物体」は、こんな感じになります。

 

DSC_2131

 

 どう思います?

 この物体を、都内のマンションの押し入れに1か月以上放置し、遺棄を実行したのが2013年7月19日の日中。その翌日に、マンション内に異臭騒ぎが起きていて、警察が出動しています。

 そのとき、押し入れの床に染みついていた体液を、警察がDNA鑑定したのですが、「人間のDNAではない」という鑑定が出ていたのでした。

 どうしてそんないい加減な結果が出たのかは不明ですが、この段階で仮にマトモな鑑定結果が出ていたなら、きっと捜査の展開はもっと早まっていたでしょう。

 

 

 

sponsored link

いらっしゃいませ

長嶺 超輝

長嶺 超輝

「ナガミネ マサキ」 と読みます。たまに、「カンダ マサキ」と間違われます。 [詳細]

▼くだらないのに、ためになる。「18歳選挙権」時代に 親子で学べる 学園民主主義バトル小説!

▼東日本大震災の被害に付け込んだ 卑劣な犯罪の記録。「地震大国」に住む以上、目を背けるわけにいかない現実

▼ポルポトがぶっつぶしたカンボジア出版業界の復興に貢献したい……。はたして何カ年計画!?

▼本を出したい方は 注目のNPO法人。私も所属してます。出版が実現するまで 手数料は頂きません。



sponsored link