裁判官はサブカルに詳しく庶民的? 判決文の『顕著な事実』大全集

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 裁判所の裁判は、法律と証拠にもとづいて行われます。
 しかし、裁判所にとって当たり前のこと、常識だと考えられていることを、証拠で証明する必要はありません。

 
 「日本の (事実上の)首都は東京である」だとか、「2011年3月11日に東日本大震災が発生した」といったことを、いちいち証拠によって証明するのは、時間と労力のムダ遣いだからです。

 


◆ 民事訴訟法 第179条(証明することを要しない事実)

 裁判所において当事者が自白した事実及び顕著な事実は、証明することを要しない。

 


 この「顕著な事実」について、具体的に判決文を調べてみると、意外と面白いんですよね。


 裁判官って、意外と庶民派だなと思うこともあります。

 「へぇ~、そうなんだ」という豆知識になる場合もあるでしょう。

 かなりの毒舌だとも受け取れる認定もあります。

 なお、並べた順番に意図はありません。急いで作ったので、未分類です。

 

■ 木炭が脱臭機能を有することは当裁判所にも顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ 裁判官宅の玄関の靴棚には、備長炭が入っているんでしょうか。素敵です。

 


■ 球技としてのポロが、わが国においてはほとんどなじみのないものであることは、当裁判所に顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ ラルフローレン「ポロ」のブランドをめぐる裁判です。ポロシャツを着ている裁判官は、何度か裁判所以外の場でお見かけしたことがあります。

 

■ 確かに,「キューピー人形」は,戦後,日本の経済が発展し,これに代替し得る様々な商品が登場するにつれ,現在においては一時のような人気がなくなっていることは,当裁判所にも顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ 思いがけないところから、毒舌が炸裂。キューピーも、全裸でびっくりしています。

 

■ 医薬品業界においては,上位の売上げを誇る医薬品が会社全体の利益を牽引し,その余の研究開発費をまかなっていることは顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ なるほど、そうなんですね! 新薬をひとつ開発するには、数百億円はかかるらしいですね。

 

■ 今日,高速道路や国道その他の主要道路には,Nシステムカメラが随所に設置されており,それによって撮影された自動車のナンバーの写真が,刑事事件における犯人の特定に繋がる有力な証拠として用いられていることは,オウム真理教の事件などを通じて裁判所にとって顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ だいぶぶっちゃけましたね! あの事件で有名になったんですね、Nシステムは。

 


■ ジーンズについても,過去には単なる「作業服」と捉えられていた時期があったとはいえ,1950年代以降はファッションの一つとして定着したことは顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ オヤジ向けファッション雑誌の片隅に書いてありそうな判決文の一節です。

 

■ 人間の体内に覚せい剤が摂取された場合,その後10日間ほどは尿中から覚せい剤成分が検出されることは,裁判上顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ へぇ~、じゃあ、10日逃げ切れば(以下自粛)

 


■ 南浦和ないし西川口からJR線を利用して池袋に至るまでの所要時間が20分もかからないことは当裁判所に顕著な事実であり,(証拠で証明するまでもない)

 ⇒ これが「顕著な事実」の裁判官って、京浜東北線で通勤してるんでしょうか。赤羽で埼京線に乗り換えですよね!

 
■ 一般的に,近時,ほとんどの企業が多角経営化を図り,従来考えられなかった異業種に進出している例も少なくないことは,当裁判所に顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ そうです。わらじは、何足も履かなきゃやっていけません、民間の事業者は!

 

■ 日本語を母国語とする者にとっては、「R」の音と「L」の音は、両者を欧米人が区別して発音していることを知ると否とに関わらず、発音する時にも、聞く時にも、区別することが難しいことは、当裁判所に顕著である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ 英語のヒアリングは「俺って耳が悪いのか?」って、自信なくしちゃいますね。ちなみに「ヒアリング」という言葉は、高校生の親戚に伝わりませんでした。 最近は「リスニング」というらしいです。オヤジ用語か!

 

■ 修学目的で本邦に在留を許可された外国人が、故意に休学あるいは留年をかさね、本邦に居座りを策することは入管行政上顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ そうなの?

 

■ 陰毛数本の引き抜きによりては特別の事情のない限り、二日の病臥を必要とするものでないことは医学上顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)

 ⇒ 判決文には、さりげなく下ネタが挟まってくる場合があります。


■ わが国において,近時の健康食品志向等を受けて,豆腐を材料として製造した飲食品として,豆腐アイスクリーム,豆腐ちくわ,豆腐ハンバーグ,豆腐ステーキ,豆腐グラタン等が身近に販売されていること,古くから,豆腐に,柚子等の香りを添加したり,南瓜等を副材料とするなどした「変わり豆腐」が身近に販売されていることは,いずれも当裁判所に顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ だいぶグルメな裁判官ですなぁ。

  

■ 我が国においても,ファッション関連業界においては,需要者の多くがフランス製品の有する高級感等によりこれを嗜好し,フランス製品が多く流通することから,ファッションに関係するフランス語が頻繁に用いられることは,当裁判所に顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ おそ松くんのイヤミ以来(?)、フランス製品には無条件の高級なイメージが付きまとっていますね。実際に高価な物も多いけど。

 

■ (麻雀の)点数棒には,10000点棒,5000点棒,1000点棒,及び100点棒の4種類があることは当裁判所に顕著な事実であり,(証拠で証明するまでもない)

 ⇒ 学生時代、やりこんでそうですね。ちゃんと遊んで、ちゃんと司法試験に受かって、すげえ……(涙)

■ 布おむつを使用する際には、おむつカバーを併用することが従来から周知であり、排泄物は主として布おむつにより吸収し、おむつカバーは、布おむつを着用者の排泄物排泄位置に配置し、布おむつから漏れた排泄物が衣服等に漏れることを防止するために存在するものであることも、当裁判所に顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ イクメン判事?

 

■ 被告の信者が過去の一時期にいわゆる霊感商法と呼ばれる,多宝塔や壺,人参液等を異常な高額で売りつける強引な販売活動を行い,社会的に問題となったことは顕著な事実であり,(証拠で証明するまでもない)

 ⇒ これは、ノーコメントで……!

 

■ いわゆるブランド品が有名店のみならず、ディスカウントショップや大衆的なファッション関連ショップで扱われる傾向にあることは当裁判所に顕著な事実であり、ブランド品の大衆化現象と相まって、需要者の中には、各種のブランドについて詳しい知識を持たない者も多数含まれているのである(から、証拠で証明するまでもない)

 ⇒ この裁判官は、ドンキに通ってそうですね。

 

■ 一般に売掛代金の請求が取引時より数か月程度遅れることもあることは顕著な事実であり、(証拠で証明するまでもない)

 ⇒ フリーランスは、しばしば泣かされています。

 

■ 昨今の我が国の経済情勢が一時期の勢いを失っていることは当裁判所に顕著な事実ではある(から、証拠で証明するまでもない)

 ⇒ がんばれ、アベノミクス。

 

■ 我国においては、日本酒、洋酒を問わず、その銘柄を確かめて愛飲することが古来よりの風習であることは、顕著な事実である。殊に、洋酒は輸入品と国産品とは明らかに区別せられて販売及び購入されている(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ この判事が、ゲコだったら面白いな。

 

■ 特に最近においては著作物を商品販売の宣伝に利用することが多くなつたのは顕著な事実である(その結果、裁判所に事件として係属したものも「サザエさん」、「ポパイ」、「ライダーマン」等相当な数にのぼつている。)。これは、今日では一般に商品化権と呼ばれており、テレビ、映画等で流行した著作物のほとんどは、その登場人物(キヤラクター)等が商品販売のための宣伝に利用されているのが実状である。したがつて、現在では、創作者の制作意図とは無関係に、ほとんどすべての著作物が商品販売のための宣伝広告に利用される可能性を有しているといつても過言ではない。

 ⇒ サブカルに理解のある裁判官だとしたら、良いですね。

 

■ 刑訴法上、起訴された者は、有罪判決が確定するまでは無罪の推定を受けるけれども、起訴された事件に対する有罪率が著しく高いことは顕著な事実であつて、(証拠で証明するまでもないし、)一般的にみれば、起訴された職員は相当程度客観性のある公の嫌疑を受けたものとの社会的評価を免れ難い。

 ⇒ これも、裁判官という立場上、かなりの「ぶっちゃけ」ですね。 事実がそうだってことで、推定無罪は建て前…… って意味じゃないですよね?

 


■ 昭和三六年は、日本の経済がいわゆる高度成長に入り始めたころで、これに伴つて都市近郊農地の地価も次第に上昇し始めた時期である。年を経るにつれて、都市近郊農地の価格はいよいよ高騰し、近郊農家は、農地として土地を利用している限り、低額の固定資産税を課せられるにすぎないために、一応耕作はしつつも、機会を見て農地を売却して多額の利益を得ていたことは顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ へぇ~、勉強になります!

 

■ 明治初年に菓子の製造販売業者の間で行なわれた「のれん分け」が、多分に親方、子方の観念に由来し、老舗の営業主が、永年勤続して功労があり、菓子の製造技術に優れ、かつ、人格的にも信頼のおける使用人に対して、老舗ののれんを分け与え、自己と同一または類似の商号なり商標を使用して、自己と同一または類似の菓子類を製造販売することを許容し、これを許された者は、旧主の恩義に報いるため、以後も本家の意向を尊重し、取り扱う商品の品質の維持や老舗の名声の向上のために協力し、尽力するというような色合いのものであつたことは、顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ 古き良き日本の雰囲気を感じます。

 

■ 視聴者がいないのに出力され続けるテレビの音声について,テレビを視聴しない者が,これを騒音と認識して音声出力を下げるようなことは,日常経験される顕著な事実といえる(から、証拠で証明するまでもない)

 ⇒ 寝っ転がってテレビを観ながら、居眠りしちゃう裁判官なんでしょうか。で、奥さんがテレビを消しに来ると、「観てたんだよ!」と軽くキレる?(^_^)

 

■ 業績が低いこと等を理由にごく僅かな一時金等を提供して社員を退職させる企業が相当数存在する事実は当裁判所には顕著である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ 物悲しい顕著な事実。リストラをめぐる裁判は多そうですね。

 

■ 通信販売で扱われる美容,理容関係の商品には一時的流行にすぎないものが多いことは当裁判所に顕著である(から、証拠で証明するまでもない)

 ⇒ 毒舌! ……さては、何か掴まされたことがあるな?

 

■ めんつゆ類及び焼肉のたれは,しょうゆ製造業者のほか,桃屋,にんべん,永坂更科,ミツカン,エバラなど,様々の食品メーカーが製造,販売していることが認められるところ,一般需要者の多くは,そのことについて一応の認識を有しているとともに,個々の商品の出所について正確な知識を基に十分な吟味をすることなく短時間のうちに購入商品を決定する場合もまれではないことは,当裁判所に顕著である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ まれではないというか、わりかし普通のことですよね。こだわる人はこだわるだろうけど、「安かったから、これにした」というだけの人は多そう。

 

■ 山林区画としての価格が平方メートル当たり100円程度であることは、裁判所に顕著な事実である(から、証拠で証明するまでもない)。

 ⇒ これも勉強になります!

 

スポンサーリンク
[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしませんか?

スポンサーリンク
[PR]