自民党の18歳選挙権マンガ『国に届け』に不満がある方へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18歳選挙パンフレット「国に届け」 | 自由民主党


 この漫画パンフレットに対して、「主人公の女の子がバカっぽい」などの批判が噴出しているようです。

 アンチ自民の方からの苦言かもしれませんし、自民党支持者から執行部への進言なのかもしれません。

 ただ、パンフレットの冒頭で「ツカミ」としてのショートストーリーですし、個人的には、そこまで悪いものではないと感じています。

 そういえば、東京都がつくった18歳選挙権啓発動画も、「18歳をガキ扱いしていて不快」などの批判が出ているようですね。 この批判については同感で、都が依頼すべきクリエイターの選定を間違えたんだと思います。

 では、18歳選挙権のPRとして、どんなものが良いのでしょうか?

主人公の女子がバカっぽいのは不満!

 

 ⇒ 高校2年生 磯山いづみ(イチョやま)が主人公。 社会科が苦手なので、政治や地理については疎い。 だけど、国語力と運動神経がある。

 

バカな女子に対して、賢い男子が政治を教える……という感じが、ジェンダー差別的だ!

 

 ⇒ では、この「バカ」「賢い」の設定が、女子と男子で入れ替わっているストーリーなら、差別的でないのか? その違いが生じるのはなぜか?

 ⇒ 政治に興味がない 「こじらせぼっち」磯山いづみが、将軍になり損ねた16歳の「亡霊男子」徳川家基から、 「民主主義とは何か?」「なぜ、集団のリーダーを選挙で選ぶのか?」などを教えられるストーリー。
 これは男女の性差が根拠ではなく、亡霊のほうが200年以上もこの世をさまよっていて、あらゆるものを見聞きしてきた経験の蓄積から伝授できるもの。 

 

「どうせ女子高生は、恋愛にしか興味がないだろ」という思い込みに基づいて作られてるので、ムカツク!


 
 ⇒ 当初は、ラブコメにする予定でしたが、20代の担当編集者から強く止められたため、恋愛要素については、全くないわけではないものの、だいぶ あっさり味です。

 

 というわけで……
 あなたが自民党漫画に対して抱いている不満を 一掃してくれる一冊がこちら!

yajirushi_11

スポンサーリンク
[PR]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしませんか?

スポンサーリンク
[PR]